うさぎのにんじんのリフレクション

この本はソフィアが選んだ本です。この本は「うさぎのにんじん」という本で、作者はなかがわりえこです。絵が書いた人はやまわきうりこです。出版年は2008年、3月20日です。

この本にはうさぎと他の動物がにんじんを食べて、動物たちはみんなオレンジになりました。動物たちは体をふいて、洗って、まだオレンジがなくなってなかったです。最後には、みんなごおなかがいっぱいになったとき、オレンジがなくなったです。

私はこの本がかわいくて面白いと思います。私はこの本がクリエイティブで、子供にとって本当にいい本と思います。私が選んだ本と比べてちょっと似てると思います。両方は子供のための話で、かわいい話で、ハッピーエンドがあります。ソフィアは私と同じで、「この本が子供のためにはいいと思うけど、子供以外の人にとってちょっとつまんないです」て言いました。

私はこの話は心配しないで、なぜなら、結局後で全部また良くなるという教訓があると思います。この本は私の本が教えていることとちがいます。理由は私の本は自分のことを受け入れ待て、信じることを教えて、この本は違うことを教えています。ソフィアは「この本が友達とシェアリングをするのがいいという教訓があったと思っています」て言いました。これは私の意見と違うけど、ソフィアが言いたいことがわかります。

(558文字)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *