バムとケロのさむいあさ スミン

この本のタイトルは「バムとケロのさむいあさ」です。作者は島田ゆかです。2005年にしゅっぱんしました。この物語はぼくの比べて、もっと冒険的な物語です。そしてキャラクターの性格はちょっと違うと思います。一番明らかな違いは絵の描き方と思います。ぼくの「ひみつのカレーライス」はもっと淡い絵があるけど、この「バムとケロのさむいあさ」はクリアと綺麗な絵があります。スミンはこの本の道徳ては「困った人を助けてがいい」と思ってるけど、ぼくは違うと思います。ぼくはこの本道徳ては「人に寛容でする」と思います。スミンはこの本がすごく好きので選んだ。そして彼はこの本の絵のかき方が好き。ぼくはこの本はあっまり面白くないと思うけど、いい子供の物語と思います。

310字