Call and Response Reflection

Rhythm is important in music because if it doesn’t have rhythm in songs it can get messed up and you won’t know how the melody goes and it’ll also be hard to make lyrics. You won’t be able to get the tempo. But if you have rhythm you will be able to get the tempo and it will be more easier to create (or compose) songs. There are no songs without rhythm or otherwise its not a song. It makes it more complicated to compose songs because you don’t have any rhythm and there will be no point in making them because that is the and basics in music.

Same thing with using instruments. There is always rhythm in every piece. If you don’t get the rhythm it will be complicated to play that piece. So its good to get the rhythm and practice it and its good to combine them together. Before playing it, its good to clap out the rhythm too. It will be more helpful. Basically, rhythm is to help you out and  its very useful. Then if you get the rhythm you can be able to play any piece. Music is mainly rhythm and its the major thing.  

Here is my Call and Response Song. Hope you enjoy!!!

Call and Response Final!!!

 

Tutorial Planning Reflection

During these few weeks, we have started our tutorial planning. After looking at our favorite tutorials and the other people’s tutorials they liked, we started storyboards for our tutorial. My tutorial is about how to do vibrato on a violin. I made a storyboard including all the things that you need to do in doing vibrato and here is my storyboard. I’m thinking to put this on my You-Tube channel.

For my storyboard, I think it meets Step by Step, Conclusion and Zoom.

I think its Step by Step because it shows all the orders when doing  vibrato. Its very easy and simple to understand. I can demonstrate it by showing them step by step and never miss any parts of doing vibrato.

My storyboard has a Conclusion because I have a slide ending the whole tutorial. It wrap ups the tutorial and you can thank the viewers for watching and you can say “I hope you learned a lot!”  and  it entertains the viewers. I can demonstrate it by using hand gestures at the end. Its the same thing with a hamburger. You cannot have a hamburger with just a top bun, lettuce, meat patty etc. You need to have the bottom bun which is the conclusion.

My storyboard has Zooming in because its more clear and easier for the viewers to understand. I can demonstrate it by bringing my violin very close to my computer camera and do the vibrato slowly.

To make your tutorial look even better, you can explain the viewers about that step in moderate speed and its good to specify that step so that the viewers can learn quicker than they think they can. What you need to learn about creating your tutorial is to slow down when talking. Sometimes you stammer and it may go quickly so take your time and explain it slowly so that the viewers can follow you. Not only just that but performing the steps too. Take it slowly so that the viewers can understand what you are exactly showing.  

Here is my tutorial time plan. Its our planning for “What we need for are tutorial, when we are going to film” and other stuff. 

Here is my storyboard on google presentation. 

 

Before starting this unit, I used to think that planning isn’t necessary for tutorials. You just explain the procedure. But now I think that planning helps your explanation a lot and it can be more easier to understand. 

In this unit I learned that its good to plan out your tutorial so that it can be more helpful to other people. I think planning is one of the most major things that are needed for making tutorials. Planning may also relate to storyboards which is very helpful to create a tutorial.  Also I learned that practice can make your tutorial even better. You will be organized and will know what to say.

In conclusion, I think that this unit was very fun and useful to Technology. Tutorials can really make your use of technology more higher and advanced. You can share things you can do. I’ll be filming soon so I’ll keep in mind about the things that are important. Practice and planning.

葉加瀬太郎

ヴァイオリニスト。ヴァイオリニストといえば、一体どんな人がいるのだろう。例えば、こんなヴァイオリニストはどうなのか。情熱大陸の名曲の作曲者や、イギリスのウィリアム王子とキャサリンの結婚式にも演奏したヴァイオリニストがいる。それが葉加瀬太郎である。そう、このヴァイオリニストである。彼は1968年1月23日大阪府吹田市生まれのヴァイオリニスト・ミュージシャンである。 本名は髙田 太郎たかた たろうハッツマネージメント所属。葉加瀬太郎自身が音楽監督を務めるHATS UNLIMITEDである。 4歳の頃、 ヴァイオリンを習い始めた。自分自身も毎週金曜日に近所の公民館で練習していた。そして、10歳の頃、本格的な ヴァイオリン教室に通い始め、技術を磨くようになった。大学は東京藝術大学音楽学部器楽学科に入学し、その頃で結成された『クライズラー&カンパニー』の中心人物として音楽界に登場した。そして、1996年にそのバンドを解散した。あれから、葉加瀬太郎は何本もCDを出し、それが6億人も突破した。そして2007年、家族とイギリスへ引っ越した。

 

葉加瀬太郎は色んな有名な曲を持っている。例えば、情熱大陸、ひまわり、Etupirkaとかである。特に情熱大陸が、最も有名である。バイオリニストの小松 亮太とも、一緒に共演した事もある。葉加瀬太郎の弾き方はものすごいインパクトがあり、人に衝撃を与えるぐらいの演奏をしている。楽器が壊れるぐらいの勢いで、弾いている。情熱大陸はTBS系テレビ局の番組、情熱大陸のテーマ曲である。それは、代表作であり、世界的に有名になった。3.11の日、悲劇が襲った東日本大震災の時、葉加瀬太郎はイギリスでチャリティーコンサートを行い、Etupirkaを演奏した。その曲はものすごく、感動的であった。人々に感動の涙を与えた。葉加瀬太郎は色んな事をやっている。葉加瀬太郎は自分のヴァイオリンだけで色んな素晴らしい事をやっている。

1996年、葉加瀬太郎は、女優のセリーヌディオンとセリーヌディオンの名曲トゥ・ラヴ・ユー・モアをレコーディングした。セリーヌディオンは世界中を旅した時、葉加瀬太郎と出会った。そして葉加瀬太郎の曲を聞き、セリーヌディオンは尊敬し、レコーディングをするようになった。葉加瀬太郎さんはセリーヌディオンのコンサートに招かれた。そういうエベントが、沢山行った。それが1999年東京ドームでも行われた。それは、すごい事である。女優や俳優とのコラボレーションはヴァイオリニストとしては、予想以外のものである。葉加瀬太郎のメロディックのヴァイオリンが、セリーヌディオンの歌声と同時に流れるのが、魅力的である。それは音楽家として、何とも言えないぐらいである。もう言葉がない。もう見るだけしかできないのである。

葉加瀬太郎は日本全国をツアーして、色んなコンサートを行った。年に数百回のコンサートをした。葉加瀬太郎は他のバイオリニストや色んな人と協力しあいあっていた。葉加瀬太郎は自分の曲をオーケストラとレコーディングしたりして、色んなオーケストラと共演した。葉加瀬太郎の特徴は色んな有名人とのコラボレーションをする事である。そういう行いが、世の中に広がり、それでよく知られるのである。

そしてセリーヌディオンに招かれて3年後、葉加瀬太郎はイギリスで、もっとクラシック音楽をして過ごしたかったので、ロンドンのカドガンホールで、演奏するようになった。そしてコンサートを百回以上、行っている。葉加瀬太郎のドラマチックな演奏はイギリスだけではなく、世界中に広まった。葉加瀬太郎は天才的な才能を持っている。彼の曲は人々を喜ばせたり、明るくさせたり、そして感動させる。その3つの働きが、葉加瀬太郎の全部の演奏にある。かせなかなかそういうヴァイオリニストはいない。ヴァイオリニストと言ったら、あの人しかいないだろうと世界中の人々が言う。それは、なかなかの事である。だから葉加瀬太郎という日本人ヴァイオリニストは忘れがたいのである。これから一生。