Gr.11 日の名残り タイトルの意味と主題

「日の名残り」p330−353を読んでください。
ミセス・ベンとの再会でスティーブンスはどんなことを感じたのでしょうか。

以下の箇所を注意深く読んで、タイトルの意味を考えてみましょう。

桟橋の色つき電球が点灯したときの様子
「夕方こそ一日でいちばんいい時間だ」
「いくら努力しても無駄なのです。ふりしぼろうにも、私にはもう力が残っておりません。私にはダーリントン卿がすべてでございました。」
「人生、楽しまなくっちゃ。夕方が一日で一番いい時間なんだ。」
「人々が、どうしてこれほどすみやかに人間的あたたかさで結ばれうるのか、私にはじつに不思議なことのように思われます。」
「しかし私には、どうも、ジョークの技術がそこで大きな働きをしているような気がして仕方ありません。」
「主人が執事に望む任務としても、ジョークは決して不合理なものではないようにおもえてまいしました。」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *