G9 1月26日木曜日 太宰治「走れメロス」

漢字クイズ  走れメロス(3)
ワークブックを終わらせましょう。

「走れメロス」は、シラー「人質」が題材となっています。

2−3人のグループで、「人質」を読み、「走れメロス」との違いを見つけてください。
太宰治はどのような意図で小説「走れメロス」を書き上げたのか考え、話し合ってください。
グループで話し合ったことを元に、クラス全体に発表してください。
人質と走れメロスの比較

G9太宰治 

太宰治について考える

太宰治の発表を終えて、太宰治について学びました。
あの人の人生を知ろう〜太宰治編をまだ読んでいなければ読んでください。
(   )に適当な言葉を『  』には作品名を入れてください。
質問に答えてください。

太宰治:本名(      )は、青森県津軽の大地主の家に生まれ、14歳で父親を亡くすまで、どのような幼少期、青年期を送りましたか。それは後の太宰にどのような影響を与えたか、答えてください。
18歳のときに敬愛する(      )が自殺したことに衝撃を受けてから最初の自殺未遂を犯すまで、どのようなことがありましたか?あなたは、それについてどう分析しますか?
高校で学業を放棄し遊びまわったのにもかかわらず、(      )仏文科に入学しています。そして、左翼活動も始めます。さらに、付き合っていた芸妓、小山初代と婚約したのにもかかわらず、人妻であるカフェの女給、田部あつみと鎌倉で心中して自分は生き残り、田部は亡くなります。翌年、婚約していた小山初代と仮祝言をあげています。こういう、一連の行動は、後の作品にどのような影響を与えたと思いますか?
芸妓、左翼について調べて簡単に意味を書いてください。

芸妓とは?

左翼とは?

大学から授業料未納で除籍され、(     )の入社試験に落ち、自殺未遂を犯し、病気から薬物中毒になります。憧れていた(        )の名を冠した「芥川賞」が創設され、太宰は『       』により、第一回芥川賞の候補になりますが、受賞を逃します。選考委員の一人は川端康成でした。
芥川賞と川端康成(かわばたやすなり)について調べてください。

芥川賞:

川端康成:

『晩年』を刊行し、川端康成に芥川賞を与えてくれと直訴しますが、もう新人ではないとの理由で外されます。薬物中毒がひどくなり、井伏鱒二(読み:         )らが心配して、太宰を武蔵野の精神病院に入院させます。その経験は8年後『      』(代表作)に結実します。井伏鱒二について簡単に調べてください。
井伏鱒二:

1937年に初代と4回目の自殺未遂の後、離婚
1939年 井伏鱒二の紹介で石原美智子と結婚、(       )に住み、作風も明るくなります。
『女生徒』『富嶽百景』『駆け込み訴え』『走れメロス』『津軽』などを執筆

愛人、太田静子をモデルにした『      』(代表作)を書きます。静子との間には娘が誕生します。
過労と乱酒で結核になった太宰を看病してくれた女性と心中を図り、亡くなります。

死後『       』『       』『      』が次々に刊行されます。

太宰治の人生についてどう思いましたか?
あなたの感想を書いてください。

ワークブックp74ー78の下の段、漢字と語句をやりましょう。

『走れメロス』を黙読してください。

G9 Summative Task: Presentation 伝統

Summative 伝統

昔から受け継がれてきた知恵や伝統を、身の回りの生活から探して紹介する。それを具体例として用いながら、伝統を受け継ぐことの意味について自分の考えを述べる。
選んだ知恵や伝統を紹介する。
選んだ知恵や伝統が受け継がれるべき理由を述べる。
接続詞を効果的に使い、聞く人に分かりやすいプレゼンテーションにする。
受け継ぐ工夫や問題点を言及し、自分の提案を述べる。
写真や図を使って発表する。
はじめに自分のプリゼンテーションについての質問を3−4つみんなに伝える。終了後、答えを集めて採点する。

Task-specific clarification

Criteria A Analyzing 分析
構成、言葉、文脈、技法、スタイルがオーディエンスにわかりやすい。
写真、図、表などを用いて説明し、自分の提案をわかりやすく述べている。
伝統に関する用語をわかりやすく説明し、効果的に使っている。
オーディエンスの理解を促す意味のある質問を準備している。

Criteria B Organizing 構成
提案を伝えるための洗練された構成が効果的に行われている。
意見や考えが終始一貫して、極めて論理的である。
接続詞を効果的に使って構成している。(まず、では、さて、しかし、以上のように、など)

Criteria C Producing Text  表現
写真や図、表などを効果的に使い説明し、選んだ伝統の価値を正確に伝えている。
深い洞察力や個性的な感受性、新しい視点や探求、批評とともに、この先守る努力をしなれけば廃れてしまう可能性、持続が困難である可能性について述べている。
どう守るかを具体的に提案している。
オーディエンスを引き付けるプリゼンテーションをしている。

Criteria D Using Language  ことばの使い方
適切な言葉、文の形、表現方法を豊かに、かつ効果的に使っている。
プリゼンテーションの内容や目的にふさわしい言葉遣い、話し方をしている。
接続詞を効果的に使っている。(まず、では、さて、しかし、以上のように、など)
スライドに使った文章に漢字など表記の間違いがなく、読み間違いがない。
オーディエンスを見て、オーディエンスを引き付ける工夫をしている。
     
日程:
12月8日(木)Kyoka, Rei, Alex
12月12日(月)Vienna, Jamin, Haruna, Julynn, Kasumi, Kai
12月14日(水)Kazuma, Masa, Artin, Kotaro, Ryu
長さ:4分−7分 (質問の時間も入れる)

写真、図、表など、プロジェクターを使って大きい画面で見せる。
スクリプトを見ても見なくてもいいが、必ず用意すること。
Citation: 最後のスライドに資料についての情報を載せる。

G9 Day 7 Wed.Oct.12

9年生 「字のない葉書」 Assessment Taskの準備

Summative Assessment Task-2 字のない葉書

思いつく限り、家族に関係のある言葉を書き出す。

最初の一文を書いてみよう。「死んだ父は筆まめな人であった」のように、エッセイの内容をほのめかすような一文にしてみよう。

「字のない葉書」のように、家族にしか分からないユニークな思い出をエッセイに書く。
生まれてから今までの家族とのエピソードの中で, あなたの家族らしい出来事を書き出す。

あなたと家族にしかわからないユニークなタイトルを選ぶ。

「主題」を考える。

最初の一文を工夫しましょう。(「死んだ父は筆まめな人であった。」のように。)

下書きはGoogledocで書いてください。(原稿を失くす心配がないので。)

10月14日(日本語のクラスはありませんが)どこまで進んでいるかをシェアしてください。

中間報告

11月1日火曜日DAY6にFirst Draftを仕上げて、ピアーエディティングをする。

11月2日のクラスの終わりにTSCと共に提出

11月2日(水)DAY7のクラスP8に原稿用紙に清書をして提出
11月8日(火)DAY10のクラスで音読する。

G9 Day 2 Wed.Oct.5 字のない葉書

「字のない葉書」の文体、表現技法を分析し、主題を探っていきましょう。

①「死んだ父は筆まめな人であった」32ページ1行目から、「『あの葉書』ということになろう」(33ページ11行目)までは、この文章全体の中で、どのような役割を果たしているか?
どのような文体の特徴があるか?
何を伝えたいのか?

②終戦の年の四月(33ページ12行目)から、35ページの4行目までに書かれていることは、全体の中でどのような役割を果たしているのか?
どのような文章の特徴があるか?
何を伝えたいのか?

③あれから三十一年(35ページ5行目から6行目)の段落は、どのような役割を果たし、どのような効果をもたらしているのか?
作者が読者に伝えたいことはなんなのか?

④この文章の主題は何ですか?
父親をどのように表現していますか?
どのような効果がありますか?

G9 Day 10 Mon. Oct.3

Attendance is on the top right click ‘Unno’s Class list’
漢字クイズ p10−11

短歌の発表を終わらせる。
短歌の清書、分析文、TSCを提出のこと。

教科書p32−35 「字のない葉書」 向田邦子
 
 
 向田邦子(むこうだくにこ)について調べましょう。
 
 ワークブックのp17の「『字のない葉書』の時代」を読みましょう。
 
 ワークブックp14−15の下の段、漢字と語句をやりましょう。
 
 「字のない葉書」を黙読(もくどく=声を出さずに読む)しましょう。

 ノートに家族の人たちの特徴を書き出しましょう。(絵と組み合わせてもいい)
 
 音読しましょう。

 ワークブックp14−15の上の段をやりましょう。

 

 

 
 

G9 Day 4 Sep. 22

Kanji quiz

短歌のリズムで表現しよう
短歌を作る。
自然や体験など、心動かされたこと、心に残っている事をメモとして書き出す。

短歌のリズムに合わせ、技巧をや表現を工夫する。
色、音、区切れ、対句、比喩、視点、オノマトペ、反復 など

自分の短歌の分析文を原稿用紙に(下書きはコンピューターでもよい)書く。(技巧とその効果、表現をどう工夫したか)

清書し、クラスで読む。
筆ペンで短歌を書いて、教室に貼ろう!

TSCをプリントアウトし、自己評価してコメントを書く。

清書提出:9月26日(月)Day 6 のクラスの終わり
クラスで短歌と分析文発表:9月27日(火)Day 7